不妊治療について

現代では結婚年齢の上昇などにより不妊の割合は15%といわれています。不妊症とは生殖年齢にある男女が妊娠成立を希望して2年以上経過しても妊娠しない状態のことをいいます。しかし、妊娠しない年数にかかわらず妊娠したいと思って頑張っているのに妊娠に至らない場合は、検査や治療は早めに受けることをお勧めします。

当センターでは、一般不妊治療から高度不妊治療(体外授精、顕微受精、凍結胚移植等)まで患者様のご希望に沿って治療をすすめています。

一般的な治療の流れ

Step.1

不妊原因の精査とタイミング指導

基礎体温を測定しつつ、月経周期の各時期に合わせたいくつかの検査を行います。

Step.2

内服・注射治療、排卵誘発

排卵が上手く起こっていない場合やホルモン値異常がある場合、内服薬や注射で治療しつつ タイミングを計ります。
また明らかな原因がないのに数ヶ月タイミングを計っても妊娠に至らない場合 排卵誘発剤を用いて排卵させ、より条件を整えてタイミングを合わせます。

Step.3

人工授精

精液検査や性交後試験の結果が不良な場合、35歳以上の場合、性交渉がうまくもてない場合に適応となります。

Step.4

体外受精

*ステップ①~③で妊娠に至らない時、体外受精へと進みます。

*当院では体外受精ー胚移植、精子の凍結保存、卵子・受精卵凍結保存、凍結胚移植を行っています。

各種検査について

当院では様々な検査を実施しております。

基礎体温 経膣超音波検査 クラミジア検査 子宮頸がん検査
低温期ホルモン検査 高温期ホルモン検査 尿中LH検査 子宮卵管造影検査
頚管粘液検査 性交後試験 精液検査 その他

料金表

不妊治療費の詳細につきましては、お電話【045-843-1121】にてお問い合わせください。