無痛分娩のメリット

分娩が正常に経過している場合には陣痛が赤ちゃんに影響を及ぼすことはなく、多くの場合は自然分娩が可能です。一般によく知られている呼吸法などである程度は痛みを軽減できます。しかし分娩に対する不安感や恐怖感、陣痛に伴う痛みといったストレスがかえって分娩の進行を遅らせたり、場合によってはパニック状態となってあなたと赤ちゃんに悪影響をおよぼすこともあります

その為、分娩時の疼痛を適切な方法で除去することは、安全な分娩を行なうための一つの方法とも考えられます。
もちろん、何らかの合併症(妊娠中毒症、高血圧合併、心疾患合併、糖尿病等)がある場合には医学的適応からむしろ積極的に無痛分娩を行なう必要があります。

無痛分娩の方法

麻酔方法として1、軽い全身麻酔 2、硬膜外麻酔の主に2つの方法を適時用いております。なお、無痛といっても、薬剤により疼痛を完全に除去してすべての感覚を奪ってしまうわけではなく、ある程度の圧迫感等は残るようにしますので、完全に無感覚となるわけではありません。
また、あなたの状態、赤ちゃんの状態などにより、あなたの希望にそえないこともありますので御了承ください。

麻酔について

1. 軽い全身麻酔

麻薬、鎮痛、鎮静剤、静脈麻酔剤などを必要最小量組み合わせ、その相乗効果を期待する全身的鎮痛法です。陣痛開始後、子宮口の全開前の2度にわけて鎮痛剤を筋肉注射します。また呼吸法も併用して行います。これにより痛みを軽減させます。

2. 硬膜外麻酔

硬膜外ブロックという背中からチューブを挿入して、薬を脊髄の外側(ここを硬膜外腔といいます)に投与する方法を行います。この方法は、意識ははっきりしたままでほとんど痛みを感じませんが、下腹部の張る感じや圧迫感は若干残ります。投与する薬の量を増やせば帝王切開も可能となります。硬膜外ブロックにはいくつかの副作用があるため、麻酔薬投与の前には必ず点滴を行ないます。

入院日

入院は原則的に決定した分娩予定日の前日です。
入院後、赤ちゃんの心拍数・陣痛をモニターして赤ちゃんの状態に問題のないことを再度確認します。

分娩当日

  1. 浣腸後、ゆっくり陣痛をおこして子宮口を軟らかくする薬剤を、1時間毎に1錠、3回服用していただきます。
  2. その後陣痛室に移動し赤ちゃんの心拍数と陣痛の評価を行なうために、陣痛を計測するための機械を装着いたします。この為、心拍数も陣痛も赤ちゃんが生まれるまではっきり監視できます。
  3. 全ての準備が整ったところで、陣痛の強さを確認しながら点滴による陣痛促進を開始します。

入院日数について

分娩を計画するため、通常の分娩より(陣痛を起こす日数分等)入院日数が長くなります。

おわりに

私たちは今まで厳重な管理の下で分娩誘発を行なってきており、誘発操作や薬剤が原因と思われる重大な副作用、合併症は経験しておりませんが、疑問に思われたことは、通院中でも入院後でもかまいませんのでどうぞご遠慮なさらずに医師におたずねください。